1. HOME
  2. Blog

NEWS

muro

石川県アンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」 リニューアルオープンPRイベントについて

石川県の魅力を東京でちょっと感じることができる 石川県のアンテナショップ 『いしかわ 百万石物語・江戸本店』の リニューアルオープンのプロデュースの一部を、弊社がサポートさせて頂いています。 この度、そのアンテナショップのリニューアルに先立ち、 都内各地で先行PRイベントが開催されます。 ぜひこの機会に石川の産品や、伝統工芸にふれてみてください♪ ●都内駅構内外イベント ・2月1日(土) 『品川駅』 ・2月4日(火) 『秋葉原駅』 ・2月5日(水) 『池袋駅』 ・3月6日(金) 『新宿駅西口広場』 ●いしかわ伝統工芸工芸フェア2020 日時: 2月7日(金)~ 9日(日)10:00~18:00(最終日は16時まで) 場所: 東京ドームシティ・プリズムホール 本年度のテーマは…「いしかわ・おもてなし工芸」新企画「工芸教室」や毎年人気の「ワークショップ」は事前のご予約がオススメです。※定員になり次第締切 ↓↓お申し込みは下記よりhttps://pro.form-mailer.jp/fms/998450b7161962 ●エキュート東京 京葉ストリート日時: 3月4日(水)~29日(日)8:00~22:00場所: エキュート京葉ストリート   上記を含む、関連イベントの一覧は、下記のPDFファイルでもご確認いただけます。 https://100mangokushop.jp/data/event_list.pdf

お知らせ

農泊発信サイトでのしまなみ海道の紹介について

今や世界のサイクリストも惹きつける類まれなサイクリングの場として知られた「しまなみ海道」(自動車に加え徒歩・自転車・原付も通行可能な橋で瀬戸内海の島々を架橋した、愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶルート)ですが、愛媛県側ではNPO法人シクロツーリズムしまなみが10年以上前から、従来のスポーツサイクリングに加え、農山漁村の暮らしや産業をテーマに地域の人々と交流するポタリングを中心としたシクロツーリズムの普及に努めてきました。 弊社では、そのシクロツーリズムしまなみによる農泊推進事業の取組みをサポートしてきました。 この度、農水省が日本の農泊を世界に発信するサイトをオープンし、しまなみ海道の自転車を活用した農泊も掲載されています。 サイト名:Countryside Stays Japan URL:https://countrysidestays-japan.com/ 今治市のページ https://countrysidestays-japan.com/article/imabari/index.html 皆さんも、五感をフルに使って地域をまるごと楽しむ新しい旅のスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。 《関連サイト》 シクロツーリズムしまなみ http://www.cyclo-shimanami.com/しまなみサイクリングガイド http://www.cyclonoie.com/shimanamikaido.php (同法人直営ゲストハウスによる情報提供ページ)

お知らせ

【南伊豆P】プロガイド研修

伊豆プロジェクトは、ジオガイドの方を中心に、1泊2日程度の旅行商品の造成を行う研修を行うものです。 大きく、 ①新たな顧客創出に向け異分野のガイドテクニックについて学ぶ研修 ②実際に旅行商品を企画し、モニターツアーを運営する研修 の2つで構成されています。 最初に①をご紹介します。 ジオガイドさんが普段取組まれている地形・地質をベースとした地域の話題とは異なる分野のガイドについての講師をお願いしたのは、路上観察のレジェンド林丈二さんでした。 林さんは、類い希な観察眼をお持ちの方で、世界で初めてマンホールの蓋の写真集を世の中に送り出した方です。赤瀬川原平さんや藤森照信さんらとの「路上観察学会」の中心メンバーのお一人です。また、明治時代の新聞記事をご自身でDB化され、それに関する書籍も出されています。 林 丈二著『文明開化がやって来た』 http://www.kashiwashobo.co.jp/book/b244526.html 南伊豆プロジェクトで開催するツアーは、事前に都内で説明会を開催しツアー内容を予告してツアー参加者を募集する方法を取りました。ガイド講師の林さんにも同様のお願いをし、古い絵葉書や明治時代の新聞記事などを交え、路上観察からの伊豆のジオの楽しみ方をご披露いただきました。 下田市の昔の絵葉書 明治時代の伊豆石に纏わる”事件”記事 案内イベント「路上探偵 “伊豆石の事件簿”」

報告

石廊崎

南伊豆プロジェクトの概要

静岡県の伊豆半島は 2012年に ユネスコ世界ジオパークの認定を受け、 15市町が 学術的な価値ある地質・地形やそれに基づく豊かな自然を 活用し、地域の持続性ある発展を目指し、資源の保護・保全、教育、観光振興や地場産業振興に取り組んでいます。取組みの特徴は半島全体で共通のガイド認定制度を運用していることで、その制度に基づいて認定された地元ジオガイドの方々が観光客の方々をご案内するなど、ジオ関連の資源や文化資源の紹介から、ガイドツアーや各種体験プログラムの運営などを行っています。 弊社が一旦を担う南伊豆プロジェクトは、その伊豆半島ジオパークを構成する半島南端の南伊豆町と連携した取り組みで、南伊豆町を中心に下田市や賀茂郡の町の認定ジオガイドを対象とした研修事業の実施を通じて、従来のジオガイドに加え地域の産業等の魅力も体験できる1泊2日程度のツアー造成を促進するものです。 今後、この事業で実施する活動内容をご紹介していきます。どうぞ、お愉しみに! TOP画像: 海上からの石廊崎と石室神社の眺め 関連サイト:伊豆半島ユネスコ世界ジオパーク  南伊豆ビジターセンター

報告